HOME > 膣カンジタとは

膣カンジタは性病というわけではありません

膣カンジタの特徴

膣カンジタは、性行為で感染することもありますが、厳密には性病ではありません。カンジタはもともと人間の体内に住んでいるカビの一種です。

人間の体にはたくさんのこうした常在菌と呼ばれる菌が存在していて、共生関係を保っています。ですから、通常ならば何ら問題はないのですが、膣内がアルカリ性に傾いていたり、免疫力が落ちていたりするとバランスが崩れてカンジタ菌が暴れ出します。

膣カンジタの症状は比較的分かりやすいものです。外陰部の炎症と激しいかゆみ、そしておりものに特徴が現れます。通常のおりものですと透明または乳白色やクリーム色で乾くと黄色っぽい色になりますが、膣カンジタを発症すると、白いヨーグルト状やカッテージチーズのような固まりになったり、ドロドロしたり、陰毛についたりして、明らかに健康な時の織物と違ってくるのですぐにわかると思います。また、性交時や排尿時に痛みを感じることもあります。

とくに就寝前や就寝中に痒みが強くなる傾向があり、かゆくて眠れないといったことも度々あるようです。抵抗力がもどって、膣内のペーハーが酸性に傾いていけば、酸に弱い感じた菌は死滅してしまうので、病院に行かなくてもそのまま症状が治まってしまうこともあります。しかし、悪化してしまった場合には、病院に行けばすぐによくなる病気なので、迷わず受診しましょう。


#
# #

エステ産業