HOME > カンジタ膣炎の予防法とは

カンジタ腟炎を予防するためのポイント

膣カンジタの予防は日常生活も重要

膣カンジタは、感染症とはいっても、性病とは異なり、性行為が全くなくても発症するのが特徴です。

性感染は性行為によって、パートナーから移るものですが、カンジタ膣炎は膣内の常在菌である「カンジタ真菌」というカビが異常に増えることによって起こります。

「え!カビ?」とビックリする人もいるでしょうが、カンジタのように、カビや菌は、人間の体のあらゆるところにいます。有名なところではニキビの原因になる「アクネ菌」も常在菌に一種です。

カンジタ菌はカビの一種です。カビですから、当然栄養が豊富で、湿度が多い場所を好みます。カンジタ膣炎になるとおりものが急に増えることもあって、おりものシートなどを利用する人も少なくありません。

しかし、おりものシートをこまめに取り替えないと、かえってカンジタ菌の温床となってしまう場合もあります。

湿気の多いところはカンジタにとっては居心地の良い場所ですから、できるだけ「蒸れ」を防ぐ工夫が必要になります。下着は綿100%の通気性のよいものを着けたり、厚手のデニムやガードルなどもはかない方がいいでしょう。

抵抗力が落ちると、カンジタ菌のような弱い菌でも繁殖しやすくなります。できるだけけ疲れやストレスをため込まないように、しっかり睡眠をとるようにしましょう。


#
# #

エステ産業