HOME > 男性の場合の性器カンジタとは

性器カンジタは男性よりも女性が多い

男性よりも女性が多いとはいっても

性器カンジタは、圧倒的に女性の方がなりやすい病気です。男性の場合は、性器にカンジダ菌を持っていても発症することがあまり多くありません。

男性の場合は性器が皮膚で覆われているため、カンジタに感染しても皮膚炎を起こす程度で終わってしまうことが多いのです。また、男性の場合は性器が体外に露出しているため、カンジタが好む温かくて湿度のある環境下にないことが関係しているようです。

ただし、包茎の場合は発症する可能性が高くなります。この他にも糖尿病だったり、ステロイド剤の投与を受けていたりすると男性でも発症します。

男性が性器カンジタを発症すると、亀頭がただれたり、かゆみが出たり、赤みを持った小さな水泡ができたりします。白いカスのようなものが出るといった症状も現れます。これらの症状は、抗真菌剤の軟膏を直接患部に塗ることで治まります。

時々、尿道炎を併発することもあります。尿道炎は尿道が炎症を起こしている状態で、排尿時にしみたり、痛みを感じたり、残尿感があったりします。

男性の場合は、女性のように重篤になったり、何度も繰り返して再発することもあまりないのですが、注意したいのは、自分がカンジタにかかっていることを自覚できずにいると、パートナーと性交渉を持ったときに、カンジタを移してしまう危険性があるということです。


#
# #

エステ産業