HOME > トップページ

カンジタの知識まちがっていませんか

サイトイメージ

カンジタの発症は性交渉だけではない

カンジタとは、性交渉で発症する性病だと思っている人が多いのではないでしょうか。ですが、カンジタはもともと皮膚や口腔内、直腸などに常在しているカビの一種です。

健康な状態では特別な悪さをすることもなくおとなしくしていますが、糖尿病や、ホルモンバランスの崩れ、抗生物質の投与や、疲れ、ストレス、肥満などさまざまな原因で発症します。

カンジタは性交渉で感染することが多いため、性病のようにとらえられがちですが、自己感染する病気なので、性交渉するしないにかかわらず、誰でもなりうる可能性があります。

カンジタの種類

膣カンジタが最も知られていますが、その他にも皮膚、口腔、爪など目に見える部分のほかに、内臓でも炎症を引き起こす場合があります。

肺カンジタ、腎カンジタ、食道カンジタ、胃カンジタ、腸カンジタなど人間の身体のありとあらゆるところでカンジタによる症状が現れます。

カンジタを性感染だと思い込んで、恥ずかしくてなかなか病院に行けないと思っている人も多いのではないでしょうか。そうなると、どんどん悪化してしまい、辛い毎日を送ることになります。それに、何よりもパートナーにも感染してしまう恐れがあるのです。

カンジタのことを正確に知って、ひとりで悩まないで病院を受診するようにしましょう。

#
# #

エステ産業